童貞-悲哀 2007年05月29日    

童貞-悲哀

「童貞」このひとことで、キマリです!





[編集長-ツッコミ]

 この幼児は、「童貞」の意味を理解しているような表情なのだが...(笑)

 元ネタは、すぐわかった。『1.2の三四郎』だな。



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

Y.M.O LIVE! 2007年05月27日    

Y.M.O LIVE!1 Y.M.O LIVE!2

 あのニューヨークの「ボトムライン」って、ライブハウスは3丁目にあったのか...



Y.M.O LIVE!3 Y.M.O LIVE!4

 デジタルの前なら、アナログだな。ムーグ博士バンザイっ!


*撮影場所:大阪・泉北ニュータウン




[編集長-補足]

Y.M.Oをはじめ、日本のプラスチックスやジャズの渡辺貞夫などが出演したことで有名なニューヨーク・マンハッタンの老舗のライブ・ハウス「ボトムライン」は、数年前に立ち退き閉店になったが、ビルの家主はニューヨーク大学だった。
 
 「ボトムライン・ジャパン」は名古屋にあるけど...3丁目じゃなくて今池4丁目!

 アナログ・シンセサイザーのムーグには、マニアが多いですね。あのブ厚い低音にはしびれます。

 僕はムーグじゃなくて、日本の「コルグ」を愛用。



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。  

カラミつく...カラダとカラダ! 2007年05月26日    

カラミつく...カラダとカラダ!

 騙してないからね、騙してないからね~!

 本当に、カラミだからね~。人間のカラミとは書いてないからね~!





コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

カツラで、全て円満解決? 2007年05月25日    

カツラで、全て円満解決?

カツラを付けると、花嫁も大満足!(夜も満足なのかどうかは、不明・・・)

 


[編集長-ツッコミ]

 この元ネタは本宮ひろしの『男樹』か?

 それよりも、神田川の大将がカツラなのが初耳です。



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

女子校生が、アレをシコシコする! 2007年05月24日    

女子校生が、アレをシコシコする!

騙してないからね! 本当に「シコシコ」してるでしょ??

 
 アレって、キュウリかよ...





コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

ファースト・キッスはギョウ虫の味? 2007年05月22日    

ファースト・キッスはギョウ虫の味?

ギョウ虫~♪ 回虫~♪ ルルルルル~





[編集長-ひとこと]

 ギョウ虫の口移しかよっ??

 と、いうことは・・・このおねえさんは、

①最初から口の中にギョウ虫を隠しておいて、キスの時に相手の口に移した。

②胃の中で普段から、ギョウ虫(胃液でも溶けない特殊なヤツ...例えば、鯖とかイカに寄生しているアニサキスなんか)を飼っていて、自由に体外へ出せる特技をもっている。


の、どちらかだよなぁ~。

 マンガの元ネタは、...江口 寿 の『EIJI』か?



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

華麗なる ばば族 2007年05月20日    

華麗なる ばば族1

 これは、もう、拙者が説明するまでもない。とにかく、新聞広告の文面を見てもらいたい!

 「薔薇族」といえば、おホモだち関係をあらわす言葉であるが...「ばば族」というのは、ばばぁ・・・そのままではないか、ひねりが無い。

 まぁ、店名の「ちゃんばー」からして、「ばーちゃん」をひっくり返しただけの中途半端さでは、あるが。

 唯一、拙者が気に入ったのは「華麗なる」という箇所。ここは、「加齢なる」をひねったに違いない!見事である。褒めて遣わす!

 
 最後に...「水曜日はチャイナの日」だそうだが、ババーのチャイナで元気出せ!と言われても....

 更年期障害で苦しんでいそうなババー付きでは、気分も滅入るぞ!



[編集長-ひとこと]

 北海道出身で東京勤務だから、「松前藩 江戸家老」というHNなんですね。

 でも、「家老」というくらいだから取締役・部長級以上なんだろうか、それとも「過労」になるくらい働かされているのか??




コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

青春の叫び 2007年05月18日    

青春の叫び

 ホットビタミンC。甘酸っぱい青春の叫びが聞こえる。

 「ここは、、、、、。ここは、、、、、。ここは俺のいる場所じゃ無ぇぇぇぇ~っ!」




[編集長-ツッコミ]

 ホット専用のビタミン飲料がCOLDの場所にあるのは、場所ちがいだと思われますが、ビタミンCは熱に弱いんだから、冷たくてもいいんじゃないのかな?

 ビタミンが破壊されていなくて!

 でも、ホットで売ってるこの製品のビタミンは破壊されないのか?? 
 疑問が、残ります。




コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

エッチなマウス・パッド 2007年05月13日    

エッチなマウス・パッド1

エッチなマウス・パッド2

必要性 良し! 弾力性 良し ! 活用性 良し !

さわりごこち...とても、良し!


パソコンデスクにて、仕事疲れに最適です。




[編集長-補足]

 2.3年前にビッグ・カメラなんかで、よく売ってたんですが...

 最近は、あまり見かけなくなりました。(買うつもりだったのか..笑)

 海外の通販で、モロにオッパイの形をしたマウス・パッドが売っているそうなんですが、材質は豊胸手術にも使われていた(現在は長期使用による発がん性が確認された為に、食塩水パックか、自分自身の脂肪が主流)特殊シリコンゴム製で、本物のオッパイそのものだとか...(う~ん、欲しい!)

 胸の谷間で、腕を休ませるどころか、常にムニュムニュ・モミモミしそうで、腕がダルくなってしまったりして!



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

まったり はんなり 2007年05月12日    

まったり はんなり

ほんま、はんなりとした、爆発音だすなぁ....





[編集長-ひとこと]

 この元ネタって...大友克洋の『童夢』じゃないのか?

 しかし、京言葉の効果音で、死んでいくなんて....

 死んでも、死に切れんぞ....




コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

研 ナオコ は、幼少時から目と目の間隔は離れていた 2007年05月10日    

研 ナオコ は、幼少時から目と目の間隔は離れていた


 基本的には、骨格は幼少時には決まってしまいますからね。

 でも、鼻の高さとか、鼻の穴の広さというのは変化する...







コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

宮崎 早漏(はやお)の世界  「水辺」 2007年05月10日    

宮崎 早漏(はやお)の世界  水辺

この角度が、ベスト・アングル...






[編集長-ひとこと]

 カンタ...お前ってやつは...

 しかし、少年の好奇心というのは、成長の過程において必要不可欠なもんですからねぇ。

 
 この服を川の水で洗っているシーンは・・・少女が突然、初潮を迎えたのでは?

 そうだ、つげ義春の →『紅い花』と同じパターンでだっ!



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

青春動物園 ズウ 2007年05月09日    

青春動物園1青春動物園2

 物語の内容はともかく、主人公「立髪正義」の敵であるソビエト出身の「セルゲイ」の身長である。
 
 手前の三人の後ろ姿が物語るように、このセルゲイって奴は物凄く「デカイ」!

 一体、コイツの身長は何メートルあるのだ?

 そして、コイツに戦いを挑む立髪正義。まず、はセルゲイの顔面に蹴りを一発!効いているのか、いないのかは解らないが、少なくとも嫌な表情であるのは確かだ。



青春動物園3青春動物園4

そこでセルゲイは反撃に転ずる。立髪正義を踏み潰そうとするセルゲイ!

 ここで読者の皆さまには少し冷静になって頂きたい。恐らく立髪正義の身長は180cm程度だろう。

 然るにセルゲイの足のデカさはどうだ?

 優に2m50cmはあるのではないか。これはデカい。靴を履かずに素足なのもこれで納得がいく。
 
 靴はもちろん、靴下ですら彼に合うサイズは存在しないであろう。

 ここで、「彼にジャストフィットする『ブリーフ』は存在するのか?」などの野暮な疑問は置いておこう。

 それはともかく、攻撃をかわされたセルゲイは、ようやく反撃に転ずる。

 転ずるのは良いが漫画といえども大丈夫か?この攻撃?

 これではまるで「バルタン星人によって小さくされたウルトラセブン」ではないか。

 人間の手が人間の両方の足首を掴みヤケクソ気味に振り回す。ワアアアア~って。




青春動物園5青春動物園6

 しかし、立髪正義も負けてはいない。再び顔面への一撃を喰らわす!グワッ!

 更に立髪正義の攻撃は続く。通常の戦法では巨艦を打ち砕くのは不可能だと判断したのか。

 男性の泣き所である「金玉」への奇襲攻撃だ!



青春動物園7青春動物園8

 しかも空中戦だけでなく、地上戦においても立髪正義による執拗な「金玉」への攻撃は続く。

 これには、さすがのセルゲイもたまらない。

 なすすべもなく、よつんばいに朽ち果てるセルゲイ。



青春動物園9青春動物園10

 しかし、よっぽど大人の男としてのプライドを傷つけられたのか。

 奇跡的な復活をきたし「ぶっ殺す!」の掛け声も鮮やかに再び攻撃に転ずるセルゲイ。
 
 しかしながら、最後には立髪正義と白鳥洋子の二人の愛に屈伏するセルゲイ。

 そして彼は「さようなら」と言い残し...


 オホーツク海を歩いて、ソビエトに帰るのであった



[編集長-補足]

 原作・小池 一雄、画・やまさき 拓味のコンビが、放った →『青春動物園 ズウ』(1978~81)は少年サンデーに連載されていて、当時、高校生だった僕は、サンデーの発売を毎週、今か今かと待ちわびていたものだった。

 同じサンデー誌上で、掲載期間の一部が重複していた『男組』(1974~79 原作・雁屋 哲、画・池上 遼一)が、正統派の青春漫画としたら、この作品は『愛と誠』(1973~76 原作・梶原 一騎、画・ながやす 巧)の純愛系青春漫画のテイストも加味しつつも、ロード・ムービー的展開も無理矢理押し込んで、さらに暴走させたカルト青春大河・漫画?!だ。

 忘れられないオープニングは、闘う体操選手「しし にいちゃん」(立髪 正義の愛称)が、船の甲板上で薔薇の花を咥えて倒立しながら登場!(爆)という、口ポッカリもの。

 そして、今回の身長2m~18m可変??(推定)という怪物というか、怪獣セルゲイとの死闘を乗り越えてのエンディングは、日本中の暴走族が富士山のふもとに集結するという「本宮 ひろし」チックな展開だった。

 ああ、もう1度読んでみたい。今度は、ギャグ・マンガとして!

 それと、今、思いだしたんですが、『魁 男塾』にも、大男が登場していた。高校生のくせに、恐ろしいほどの身長の為に、「大仏殿」みたいな建物に住んでいたような記憶が.... 



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

ワンピース  「オッパイは素晴しい!」 2007年05月08日    

ワンピース  「オッパイは素晴しい!」

 ついでに、MEGUMI もっ!(タレてるけど)






コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

FF(Final Fastfood)Ⅶ チキンはだめよ! 2007年05月07日    

FF(Final Fastfood)Ⅶ チキンはだめよ!

 チキンはダメよ!

それだったら、マックの方が有利だと思うのだが...






[編集長-無関係な、ひとこと]

 ファースト・フードといえば、今は無き「森永ラブ」のスパイシーなハンバーガーや、本州から撤退した「A&W」で飲んだ生ルート・ビアが懐かしい。



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

続・我が家のパソコンの不思議な現象 2007年05月06日    

①怖いウィルスです。どのような対応策を?

続・我が家のパソコンの不思議な現象1




②このアプリはパソコンではなくて?もしや…

続・我が家のパソコンの不思議な現象2




[編集長-ツッコミ]

 おじいちゃん..死んでるのか??



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

続・女性専用車両を調査する? 2007年05月04日    

続・女性専用車両を調査する?


 この画像はその当時(女性専用車両の実施時間帯拡大)に大手私鉄・地下鉄が女性専用車両の取組みを決定した時、女性にインタビューをした際の映像です。

 尚、この映像に関してのコメントは控えて下さい。
   
 決して、4コマオチでも何でもございません。




[編集長-ツッコミ]

 今回は、ツッコミも控えさしてもらいます。と、いいながら...

 ブスなオバハンに限って、自意識過剰!

 声を小にして、つぶやきたい...



コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。

我が家のパソコンの不思議な現象 2007年05月03日    

①この不可思議な現象が、時々起ります。

我が家のパソコンの不思議な現象1




②ファイルをコピーをする時、高い確率で起る現象です。

我が家のパソコンの不思議な現象2




③この現象は、Cドライブをクリックすると頻繁に起ります。

我が家のパソコンの不思議な現象3






コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。