華麗なる ばば族 2007年05月20日    

華麗なる ばば族1

 これは、もう、拙者が説明するまでもない。とにかく、新聞広告の文面を見てもらいたい!

 「薔薇族」といえば、おホモだち関係をあらわす言葉であるが...「ばば族」というのは、ばばぁ・・・そのままではないか、ひねりが無い。

 まぁ、店名の「ちゃんばー」からして、「ばーちゃん」をひっくり返しただけの中途半端さでは、あるが。

 唯一、拙者が気に入ったのは「華麗なる」という箇所。ここは、「加齢なる」をひねったに違いない!見事である。褒めて遣わす!

 
 最後に...「水曜日はチャイナの日」だそうだが、ババーのチャイナで元気出せ!と言われても....

 更年期障害で苦しんでいそうなババー付きでは、気分も滅入るぞ!



[編集長-ひとこと]

 北海道出身で東京勤務だから、「松前藩 江戸家老」というHNなんですね。

 でも、「家老」というくらいだから取締役・部長級以上なんだろうか、それとも「過労」になるくらい働かされているのか??




コメント、トラックバックは、→ [日刊 Anthony's CAFE の 同日掲載・同タイトルの記事] に、お願いします。